色収差

‘いろしゅうさ’
Chromatic Aberrations
“CAs”

光の、透過する物質によって、波長ごとに屈折率が異なるために起こる現象。

色ずれ、色にじみのような形で写真に現れる。

程度の差こそあれ、すべてのレンズに発生する物理現象なので、周辺までカリっとした描写が欲しい人は、それなりのレンズを用意する必要がある。

 

カスタム検索

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です