遠近感

写真表現では、主にレンズの焦点距離で遠近感をコントロールすることが出来る。

焦点距離が長いほど遠近感は弱まり(遠くの物が大きく見える)、抽象的・絵画的になり、短いほど遠近感が強調され、ダイナミックな映像になる。

標準レンズ(フルサイズ換算50mm)で撮影したものが、肉眼で見た印象に近いものと言われている。

カスタム検索

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です