手ブレ、手ぶれ

‘てぶれ’
blur due to camera shake

手持ち撮影の際に、シャッターが開いている間にカメラが動き、像がぼやけてしまう事。

ピンボケ同様、失敗写真の典型。

手ブレを防ぐコツは色々あるが、脇をしっかりしめるなどの構え方が重要で、またデジタル一眼レフカメラなら、OVFを覗きこむ場合にファインダーに目をしっかり押し付けると手ブレしにくくなる。

EVF(ライブビュー搭載のミラーレス一眼など)で、手を伸ばして撮りたいシチュエーションでは、ネックストラップを張ってテンションが掛かるようにする事で、手ブレを抑えるようなTIPSも使える。

カスタム検索

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です