ボケ

一眼レフカメラの代名詞のように言われている(?)ボケ。

ピントがあっている範囲が狭く、被写体&それ以外という表現という構図(ポートレートなど)が一気に見栄えするようになる。

より被写界深度を浅く、写真を強くボケさせたい場合は、

(1)f値の大きいレンズを開放値で使用
(2)焦点距離の長いレンズを使用
(3)被写体に近づく

というの3通りの方法がある。センサーサイズと被写界深度は関係がないが、センサーサイズが小さいという事は、それだけ画像がトリミングされているという事になる。

ボケた範囲をより広く映しているという点では、センサーサイズが大きい方が、より「ボケ味」がある絵になると言える。ちなみに、英語圏でもボケ「Bokeh」と言う。

カスタム検索

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です