パンフォーカス

‘ぱんふぉーかす’
Deep focus

全景に渡ってピントがあっていること、またその写真。

レンズの焦点距離が長いほど、被写界深度が浅くなるので、より絞りを絞る必要がある。

具体的には、過焦点距離にピントをあわせる事で、ピントが合っている範囲を最大化できる(過焦点距離*1/2~無限遠)

例)EOS5D(許容錯乱円0.0311mm)&焦点距離50mm&f/2.8の場合、過焦点距離は約27.8m。f/11まで絞れば約7mとなり、撮影距離3.5mからピントがあっている状態。

過焦点距離は焦点距離の自乗に比例するので、焦点距離100mmの望遠レンズの場合、f/11でもピントが合うのに約14mの撮影距離が必要となり、使い所が難しいのがわかる。

カスタム検索

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です