歪曲収差

光の屈折の塩梅で、直線の物体が直線に写らない事。

色収差以外の、単色収差に分類される現象。

主に樽型(中心部が膨らむような歪み)、糸巻き型(中心部が収縮するような歪み)、陣笠型(樽型と糸巻き型の複合)の三つの形態があり、一般的に広角レンズほど(樽型の)歪曲収差がでる傾向にある。

広い範囲を写す事に重点を置き、歪曲収差を敢えて補正していないのが魚眼レンズである。

 

カスタム検索

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です