マクロレンズ

メーカーによって定義が異なるが、一般的には被写体を「大きく写せる」レンズの事。レンズ前玉から被写体まで距離(ワーキングディスタンス)も短くとれるものが多い。

等倍撮影可能、と謳われているものは、センサーサイズに被写体を1:1で結像させられるレンズであり、例えばAPS-Cタイプであれば2センチ強の小物を画面いっぱいにクローズアップする事が出来る。

光学性能に優れたレンズが多いので、接写用途以外にも活用できるので、2本目、3本めの交換レンズのラインナップにはぜひ揃えておきたいレンズ。

カスタム検索

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です