18%グレー、標準灰色

‘じゅうはちぱーせんとぐれー ひょうじゅんはいいろ’
Middle gray

白と黒の中間の反射率を持つとされる明るさ(標準グレー)で、カメラの露出はこの値を基準に露出を判断する。

肉眼で白い被写体を撮影しようとしたとき、グレーっぽく映ってしまうのはこいつのせい。

市販の18%グレーの反射板、グレーカードなどを近くに置き、露出を決定してから撮影すると大きな失敗はないかもしれない。

「自然界に存在する色をすべて混色した色」や「人肌と同じ反射率」など、由来には諸説アリ。

 

カスタム検索

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です