ミックス光、ミックスライト

‘みっくすこう、みっくすらいと’
Mix-light

昼光に蛍光灯と電灯光など、色温度の異なる複数の光が混ざってできた光、もしくは混合された光に被写体が照明されている状態。マルチ光、カクテルライトなどとも呼ぶ。

混合されるそれぞれの光源の色温度が異なるため、カラー写真では嫌われるライティングだが、写真スタジオや日中屋外以外の場所では日常的に存在する状態なので、どの光源をメインにするかを考えて撮影する必要がある。

例えば、色温度の低い照明が施された広い屋内(レストランなど)で、フラッシュを炊いて撮影する必要がある場合、フラッシュの届かない背景のみが赤みを帯びてしまう。

そういう場合にはフラッシュにアンバー色のフィルターを着用するなど、一工夫必要になってくる。

カスタム検索

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です