感度分の16

マニュアル撮影、フィルムカメラ撮影などで撮影の際、晴天の屋外ならシャッタースピード=ISO感度分の1秒、絞り=f/16で適正露出となる、という参考値の覚え方。

(応用)
・ISO400のフィルム(感度)であれば、シャッタースピードは400分の1秒
・ISO100のフィルム(感度)で、絞りをf/8まで開ければ(f/16より2^2倍明るい)なら、シャッタースピードは400分の1秒

カスタム検索

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です