縦撮り

‘たてどり’
vertical shot
vertical photogaphs

カメラを90度傾け、縦方向にして撮影する事。

一眼レフなどでファインダーを覗くのであれば、どちらの目でファインダーを覗くかによって安定して撮影しやすい構えも異なる。

一般的な「右目効き」で、ファインダーを右目で覗く場合は、グリップ(シャッターを押す右手側)を上にして、左手はレンズを支える事ができるので安定感がある。

ファインダーを左目で覗く場合は、ボディが邪魔になるのでグリップを下にして、レンズを支える左手と右手が重なるように脇を締める事で比較的撮りやすくなる。

縦にするという事は「縦構図」にするという事なので、水平がしっかり取れていないと目立ってしまうし、どのような作画にするのかという意識が必要になってくるだろう。

カスタム検索

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です